読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルリ的な何かなブログ

Simutransとかいろいろ自由気ままに書き散らす

#PMNSimu 参加について

NetSimutrans Simutrans

今回はSlackからの参加申請となります、参加に当たり、質問はTwitterあるいはこのブログでも受け付けますが、進行上の質問はすべてslackでの対応となります。

128さんのフォームからの申請または自分のTwitterなどからslackのsimutransチームに参加、netsimutrans_pmというチャンネルがありますので、参加してください。(※チームへの参加にはメールアドレスが必須です。)

チャンネルに参加後、参加宣言を行って、自分が参加許可を出せば受付完了です。

 

Slack参加後わからないことがあれば自分まで連絡すれば対処します。

 

この記事の公開開始を基準に受付を開始します。

ルールの補足

①会社の共同開発について

共同開発は可能ですが、サーバーの混雑状況から共同参加受付を打ち切る場合もあります。

②開催期間

おおむね2か月から3か月程度を見込んでいます。

③SSの投稿や動画作成について

好きにして構いません。

Twitterに話題にしてもいいの?

特に規制は行いませんが、連絡手段としてはSlack一元化とします。

運営に関する批判や意見を言うのも勝手ですが、運営当局も一人の人間であることには留意してください。

macLinuxで参加したい

面倒くさいので運営でのサポートは行いません。自分でできる方のみ参加してください。

 

docs.google.com

↑128さんのSlackチーム登録フォームです(勝手ながらリンクを張らせていただきました)

※メールアドレスを登録する必要がありますので、それをやりたくない人はそもそも参加できません

 

Dropbox - PMNSimu #6.zip

↑pakなどの一式のDL先です。

 

#PMNSimu 第5回目くらいについて

久々にNSをやりたいと思います。

今回は試験的にslackを中心としたNSで行きたいと思います。

128さんがSimutransのチャンネルを用意してくれたので、そこを間借りさせていただきます。

 準備期間節約のため、今回はローカルの環境をベースにします。

アドオンのリクエストは原則として行いません。気が向いたら追加します。

ルールは最低限のものを設定し、それ以外については問題が発生したら告知ののち随時追加していきます。

 

①都市の接続について

マップ生成時には会社数×2の都市しか置きません。そのため、各自で都市を追加してください。都市の設置に制限はありませんが、各自節度を持って責任持てる範囲内で行ってください。また、都市の誘致に公共事業を使うことは認められません。

 

②伝言スペースについて

マップ内に伝言スペースを用意します。挨拶等に使ってください。伝言スペースにはメンテナンス用に役場を設置しますが、都市の発展等をさせてはなりません。また、スペース内はマーカーと主催者が許可したもののみ設置できます。

 

③空港について

公共化された空港はマップ内の流動を大きく変えます。そのため、空港の公共化は認可制とします。認可されない公共空港への許可なき就航を禁止します。公共化された空港は自由に就航できますが、混雑する場合には設置者が整理してください。

 

④マップ拡張について

狭くなってきたと思ったら拡張します。

 

⑤駅の混雑について

駅が混雑している場合のうち、放置している場合や改善が見られない場合には、運営にて改善勧告ののち勝手に駅や産業、都市などを撤去します。

 

⑥その他

フリープレイはOFFです。補償として運賃の上方修正を行います。それでも破産した場合には再度会社を設立するor参加をやめることができます。

切断時の再ログインは頻繁に行わないでください。

回線の相性で切断が頻発する人がいるかもしれませんが、その件に関して運営は一切保証を行いません。

産業の設置はログイン者数が少ない時間帯で行ってください。

土地の改変なども人の少ない時間で行ってください。

海を埋め立てる際には周辺を航行する船舶を確認しながら行ってください。

バグ技に関して、ゲーム上進行できなくなる場合が予想されますので、各自で責任を持って行ってください。

また、本体のバグ等で急に中止となる場合もあります。

放置とみられる会社については勧告から一定期間ののち行動がなければ破産処分とします。

 

なお、参加の手続等は追ってこの記事あるいは別記事で案内します。

 

名無しの開発記#04.9と#05について

どうも、Win10のアップデートが失敗していろいろデータを吹っ飛ばしました。

幸いにもシムトラのデータは生きていたので、開発記はやる気があれば続きそうです。

 

さて、今回は今更ながら4.9回と5回の補足というかなんというかをやっていきます。

www.nicovideo.jp

まずは4.9回です。この回は白馬国電の急行電車を五城目から西都まで。ちょうど第1回の走行シーンをだいたい逆方向に進む感じです。

 

f:id:pm1965:20161129041056p:plain

f:id:pm1965:20161129041059p:plain

1話の時点での五城目と最新の状態の五城目駅です。五城目だけでもこれだけ活気が出てきました。

列車線には80系が走り始めて機関車も一部は電気機関車牽引となっています。

実は動画的にはこの4.9話が次の5話よりも時系列的にあとになっています。

f:id:pm1965:20161129041513p:plain

国電の支線が分岐する岩瀬駅です。20年前はここから西が単線で東は複線でした。

f:id:pm1965:20161129041637p:plain

駅は大きくなっても乗り入れる高架鉄道と市内電車は変わらない西白馬駅。近年はだいたいこの駅や五城目駅からの乗客に悩まされています。

f:id:pm1965:20161129041839p:plain

列車の行きかう国府津駅。早々に私鉄の乗り入れがなくなり貨物線も専用線に切り替わりましたが、通過する列車の賑わいだけは増すばかりです。

f:id:pm1965:20161129042033p:plain

工業都市である西都の街の玄関な西都駅です。今のところ白馬地区の国電の終点でもあります。ここから工業地帯へは鶴見線チックな電車が出ているほか、トロリーバスも走っています。

 

続いて5回目のほうです。

www.nicovideo.jp

第5回はマップ内の都市をいくつか紹介しつつ白馬駅の増線工事の様子をでした。

白馬駅の姫路本線ホームが将来不足することを考慮して多層化しました。

本数的にはこれだけの規模のものを必要としないのですが、BPM21で1/16待機をかけると1つの複線にだいたい1/16待機の列車を5系統流せます。

ただ、現状の設備では4本までしか流せないのでホームの増設というよりは折り返し&時間調整のための設備を増やす工事となります。

工事シーンはもう少し高速で流すことも考えたのですが、施工シーンを眺めてもらうのがこの回の趣旨なので、少々飽きるかもしれないと思いつつこの速度にしました。

5倍速くらいで流しているお陰で多少グダってもそういう感じがしないです?

NetSimutransあれこれ

NetSimutrans 備忘録

もしものために、ログインの少ない場合には作業が終わったらもう一度ログインでサーバーに作業が保存されます。時折サーバーが停止したり、セーブデータが破損する事もあるので、最後の人はやった方がいいです。

 

ログイン直後に止まってるとき、操作をすると動き出したときに一気に操作が反映されることから切断されることがあります。操作をするなら動き出すのを待ってからを心がけてください。

 

ログインした後に一時停止せずに動き出す人は最初のうち、早送りで同期をとろうとします。この早送りの最中も操作をするとラグが発生して同期がとれなくなることが多い気がします。

また各clientの転送速度やロード速度によってサーバーから後れをとることで同期が取れにくくなりますが、それは今のところそういう仕様であるとしか言えません。

 

 

名無しの開発記#04.5について

Simutrans 名前未定の開発記

続いて第4.5回ということで番外編のショートな動画を再び。

www.nicovideo.jp

高原地帯なところから本線の鉄道が通るところまでの動画です。

たまたまマップをぼんやりと眺めていたらなかなかよさそうな山の上に役場のみの町があったのでサクッと開発してみました。

田舎力を鍛える開発ということです。

f:id:pm1965:20161013031743p:plain

「こうや」なのか「たかの」なのか読み方は知りませんが、マップ最高峰の山の中腹にある高原地帯です。11月になればこのように一面の銀世界です。

f:id:pm1965:20161013032002p:plain

さらに山のふもとにある小さな湖です。近くの都市名から江南湖と名前が付いています。紅葉がいい感じ。

 

f:id:pm1965:20161013032143p:plain

湖から流れる川に沿って走るローカル線。身延線とかそんな感じのイメージ。

このあたりはまだ動画でもまともに紹介していない東部地域です。

宇佐のさらに東側に展開する地域で、そのうち本格的に紹介するつもりです。

この4.5回までのマップを実は公開しています。

DL先は以下のリンク先を参照してください。今後のネタバレも多少あるかも。

www.dropbox.com

名無しの開発記#04について

Simutrans 名前未定の開発記

名無しの開発記の補足も4話まできました。

この回は登場したばかりの私鉄特集的な回です。

www.nicovideo.jp

各私鉄の概要を軽く説明して、その走行シーンです。

今考えると宇佐鉄道の特急が少し殺風景すぎたのでもう少し開発すべきだったなと思います。

ある程度の長距離輸送がメインな宇佐鉄道は見ての通り近鉄がモデルです。

自分が初めて乗った近鉄名古屋線な影響か、名古屋線の雰囲気が強いですが、徳沢温泉口~枕崎の大阪線な雰囲気もある程度感じられればと思います。

f:id:pm1965:20161013022448p:plain

宇佐鉄道の宇佐側のターミナル駅である枕崎駅。まだ奈○線も開業していない段階から線路容量とホーム容量が不足気味です。●伊特急を入れる余裕は果たしてあるのだろうか。

 

f:id:pm1965:20161013022741p:plain

宇佐・四ノ宮線のハイライトな碧山トンネルの東側の入り口。なぜかトンネルの東に西碧山駅があるのは自分のミスなのかあるいはなのか、今ではわからなくなってしまいました。

 

f:id:pm1965:20161013022943p:plain

この回唯一のコメントが更地だなぁと言われたのは関係なしに、撮影したあとにすっかり忘れてて周辺を開発した碧南地域。水門とかがあればもう少し雰囲気出せたかも。

四日市~津のあたりのイメージなのですが…

f:id:pm1965:20161013023326p:plain

四ノ宮駅を出てすぐのところにある検車区。

急行と特急はまとめて間隔調整をしているが、果たして効果があるのかは謎。

 

四ノ宮から横川へワープしてマルーンな電車が特徴な白馬急行の横川線と八幡線を乗り継ぎます。

 

f:id:pm1965:20161013023744p:plain

似ても似つかぬ横川駅。白馬急行線は全部同じ方法で運行間隔の調整をしています。

だいたい退避パターンはスムーズな感じ。

f:id:pm1965:20161013023853p:plain

毎度おなじみな苫小牧南口駅。横川本線と昔津線が激しく平面交差をします。

動画では急行が特急退避をしつつ昔津線の電車を先に通すというなかなか素晴らしいシーンが撮れました。実はこのために退避パターンを変更しています。

 

f:id:pm1965:20161013024219p:plain

こちらもおなじみ三複線区間。実際のところ、ダイヤモンドクロスとこれがやりたかっただけです。

 

f:id:pm1965:20161013024434p:plain

淡路な平面交差駅。交差相手はまだやっていない。

f:id:pm1965:20161013024538p:plain

コークスクリュー区間。どうやったらコークスクリューになるのか教えてほしい。

f:id:pm1965:20161013024636p:plain

特徴的な配置の五城河原町駅五城目河原町という意味。実は国鉄五城目駅と統合されている。

以下動画未登場なモブ支線たちの様子です。

f:id:pm1965:20161013024820p:plain

●塚線ポジションの鳳来線。微妙な出来なのでおそらく登場しない。

f:id:pm1965:20161013024923p:plain

山嵐線の分岐する葛駅。国鉄岩瀬駅のすぐ南に位置する。

f:id:pm1965:20161013025100p:plain

山嵐線の途中駅です。すでに一部駅名は遊んでいます。

 

最後は気まぐれに入れたエンドロール。基本的には元ネタを参考にしているだけです。

 

 

名無しの開発記#03について

Simutrans 名前未定の開発記

昨日に引き続いて名無しの開発記の解説というか補足というかをこの時間に

今回は貨物回な第3回です

www.nicovideo.jp

前半はNSの参加報告を兼ねて最近のNS事情に触れつつ、本編はスタートした貨物輸送の様子です。

基本的に今回の開発は動画にして遊ぶのが一つの大きな目的なので、見栄えをある程度考えている開発です。そのため産業直結やらある程度の手植えをしながらとなっています。

自動車を作っているのは今後の産業展開を視野に入れているためだったり。

 

f:id:pm1965:20161009034247p:plain

↑広島の炭鉱の様子

広島の炭鉱はあちこちに立坑があって、各所から掘り出した石炭を貨物駅に運ぶためにトロッコのようなものが走り回っているイメージだったのですが、全くの別物になってしまいました。

本当はズリ山(ボタ山)とか炭鉱住宅とかそういうのもほしかったところなのですが…

軽便をちゃんと導入していればもっと別のものが出来上がったと思います。

f:id:pm1965:20161009034726p:plain

↑動画を投稿したあとに宇品の港も改装して地元釧路にある石炭埠頭をイメージしたものにしてみました。

露天掘り炭鉱を設置してそれらしく見せるとともに、将来の石炭需要に応えるべく生産能力を増強しています。

f:id:pm1965:20161009035156p:plain

過去の記事でも触れた西都にある製鉄所です。

よく木更津の製鉄所を上空から見たりしてたので、サクッとこんな感じで作りました。

f:id:pm1965:20161009035534p:plain

鷹ノ巣自動車工場です。この回のテーマとして工場をいかにデコレーションするかというところがありまして、工場の建物の表現の研究を兼ねています。